QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
寺町ヨーコ
寺町ヨーコ
『寺町ストリートバンド』
あちこちで唄っています。

2018年09月04日

ライブハウスに出よう!!

Nちゃん先輩から告られたwのは

「ライブハウスに出よう!」

オリジナル曲を作ってライブハウスやライブカフェに出れる様な

ユニットを組もう!!

何て面白そうな話 (^^)

即乗って練習を開始したのだけど

学校のクラブ内で問題になった

『過去に校外で音楽活動をした者』がいなかった

「いつの時代も一番最初」って言うのは

良い意味でも笑い意味でも注目される

もう私は二回生

Nちゃん先輩は三回生になってたかな?

私はクラブの「音楽マネージャー」と言う

役割を先輩から任命されていた

放課後 音楽塔に全員で集まって

先ずは輪になり「シングアウト」

つまり全員で歌う

フォークソング

今思えば

イギリス民謡やカントリーソングを

代々歌い継がれていたのかな?

「パフ」 「わたつみの歌」

この二曲は覚えている

そのギター演奏とリーダーの役目

そんな役目の人が校外活動に夢中になったら

後輩への示しがつかない!!と

部長になった同期の男子から切々と

頭が堅い!!

カチコチだ !!

「どんな日もちゃんとシングアウトしてから学校を出る」と約束し

ライブスポットに出る事を認めてもらった

卒業前にその子から

「ほんとは凄く羨ましかった。よくぞ後輩の為にも道を開いてくれた」と感謝してもらった

感謝ら いらん(笑
(感謝なんていらない)

クラブ内のユニットBちゃんにも

「ヨーコがそっちに行ってしまい寂しいわ」とも言われたが

どっちも全力でやるからと

そして全力でどちらも楽しんだ ♬

Nちゃん先輩とのユニット名
「PUZZLE」

N&Rちゃん先輩と三人で

初めて観に行ったコンサートが

「アコースティック パズル」と言う名の

コンサート ♬

そこからユニット名を付ける

次回は PUZZLEの活動話です

Nちゃん先輩から

Nちゃんと呼び方が変わる

Nちゃんはフォークソング部だが

山下達郎さんの大ファンだった

私の聴いていない色んな楽曲を教えてくれた



PUZZLEはオリジナルソングがほとんどだったが

達郎の「YOUR EYES」も

カバーしていた♬

よそいきの店用(笑  


Posted by 寺町ヨーコ at 06:09Comments(0)